働き方

清掃業の人手不足。AI清掃ロボット「WHIZ」が使える!

タイトル通り、清掃業に限らず、ほかの業種も同じことが言えます。

少子高齢化社会で労働者人口が減りつつあります。このまま続ければ、日本経済が不安。

そこで、AIを活用したロボットの一つである「WHIZ」について紹介します!

AI清掃ロボット「WHIZ」とは。

ソフトバンクロボティクスが開発した、AI清掃ロボット「WHIZ」は、2019年5月から20か所以上の施設で順次に導入されています。

最初にご利用する際、「WHIZ」を手押しして清掃をすると、清掃ルートを記憶するそう。

2回目以降はスタートボタンを押すだけで、なんと!記憶したルートどおりに自律走行して清掃してくれるらしい!

センサーやカメラで人や物を感知し、停止または、回避できる仕組み。

また、清掃するルートの選択や削除は、本体のモニター画面ですぐに行うことができる仕組みがあります。

業務上で「清掃」の現状と対策

現状

今私が働いている会社で「清掃」についてお話をします。

清掃場所は自分の持ち場はもちろん、休憩室、更衣室、通路の掃除でやることがたくさんあります。

・休憩室の掃除が毎週水曜日の昼休憩後15分清掃

・更衣室の掃除が毎週金曜日の16時から15分清掃

・自分の持ち場は毎日昼休憩後15分

休憩室、更衣室の掃除の担当が2名で、毎週交代します。

15分、作業から離れて、清掃します。

15分ロスです。

1枚の書類を作るのに15分かかるとしたら、1枚分損します。

1枚でも大きいですよ。

対策(「WHIZ」導入)

15分を「WHIZ」に任せれば、昼休憩後、すぐ作業を進めることができます。

ほかの会社でも同じことが言えます。

清掃は「WHIZ」に任せれば、自分は作業を集中することができます。

15分早く納品ができ、顧客からより良い信用を得ることができ、人件費も損しません。

コスト面、生産性など、貢献ができます!

私の考察

ロボットが人と一緒に働く時代に突入しています。素晴らしいことです!

人は作業に集中し、清掃はロボットに任せることができれば、より早く納品ができます。

AI導入すれば、「仕事がなくなる!」という声があります。

私個人の考えですが、仕事がなくなるのはあり得ます。AIは正確で間違えることがなく作業してくれるのは確かです。唯一、できないところがあります。それは

読解力

です。

読む力がないのです。

一つだけ勘違いしてほしくないので、書きます。

書かれたことをそのまま読み取るのは、AIはできます。

つまり、AIは読んで理解する力はないのです。

(例)AさんがBさんにリンゴを買ってあげた。

AIの見方は、「AさんがBさんにリンゴを買ってあげた。」

AIだと、文章をそのまま読み取るだけです。

人間の見方は、「あぁ、Aさん、なんて優しいんだ。」「Bさん、リンゴ好きなのかも!AさんはBさん好きなこと知ってたのかも!」

人間だと、いろんな思いが浮かんできます。

だから、AI時代で私たちが鍛えるべき能力が「高度な読解力」だと、私は考えています。

まとめ

・『WHIZ』導入によって、生産性改善の期待ができ、顧客へサービスや商品の提供が早くなることも期待できます。

・AI時代で生きるため、身につけた方がいい能力が『高度な読解力』だと、考えています。

 

 

 

あなたの悩みごとがあれば、私に相談に乗らさせてください