聴覚障害者の学び

聴覚障害者も営業スキルを身に付けて、仕事・人生などで成長させる方法

このサイトに訪問した聴覚障害者は立派な社会人になり、将来をよりよいものにしたい、しかし、何をやったらいいのかがわからないという方なのではないでしょうか。

そんな聴覚障害者の読者のあなたにオススメしたいのが「営業」です。「営業」の仕事をやることではなく、「営業」の勉強を励むことがオススメしたい。確かに営業の仕事を実践的に励んでいけば、間違いなく営業スキル向上してきます。

ここでいう「営業」は人間力向上することが最大の目的です。聴覚障害者の私は昔、「ダメな人で問題児」でした。ダメな自分を変えたいという一心でビジネス書を購入し「三流なら営業を学べ」と言ったフレーズに惹かれ、トップ営業マンの営業スキルを学び、実践してきました。詳しくは後ほど供述するものとして、結果的に人間として大きく成長してきたと実感しています。

営業の勉強して実践し、向上してきた能力も紹介します。また、トップ営業マンだったらどうするかも書いていますので、学んでいただけたら幸いです。

もう一度言います、「営業の仕事」を就くためではなく、「営業スキル」を身につき人間として成長することです。もう一つ、補足になりますが、よりよい人生を送るためにもあります。

三流はなぜ営業スキルを学んだほうがいいのか

冒頭の部分にも書いてありましたが、「三流なら営業を学べ」とありました。最初は分からなかったのですが、信じて営業スキルを学び実践してみると、今も「営業」を学んでよかったと思っています。ただ、聴覚障害者の私は今「営業」の仕事はしていません。「製造業」として働いています。

では、なぜ「三流なら営業を学べ」というのか。今では自信を持って言えます。

まず、聴覚障害者の読者のあなたが車を買いに行っています。営業マンAと営業マンBの二人がいます。

営業マンAは身だしなみが良く、マナーも上品。

営業マンBは不潔で、マナーはよくない。

どちらの営業マンの目的は同じです。成約です。会話内容は考慮しないものとします。

聴覚障害者の読者のあなたはどっちの営業マンから買いたいのでしょうか。もちろん、営業マンAですね!

聴覚障害者の私だったら、営業マンBだと、「この人を信じてもいいのか」と躊躇してしまいます。

そして、会話内容も考慮していくならば、買わせるような話し方だと買わないでしょう。購入を検討している車を乗るメリット、デメリット、特典などをしっかり伝えることで成約率が高まるでしょう。

このように営業スキルを身につくことで人間性も高まります。

営業スキルを身につくことで向上できる能力一覧

聴覚障害者の私が「営業」を学び実践して、向上したと感じている能力を紹介させていただきます。営業スキルを身につくことで人生で必要な事をすべてのことが身に付けられます。ここでは、聴覚障害者にとって役に立つ能力だけ紹介させていただきます。

会話術

トップ営業マンは心理学者と言われるぐらいに心理テクニックを駆使しています。その経験を活かして、恋愛・飲み会での会話などを使えます。

営業マンの会話術を身に付けて損はしないと確信しています。

トップ営業マンの戦術

トップ営業マンの大半は必ずと言ってもいいほど読書をやっています。学んだ知識をすぐアウトプットしています。アウトプットは行動・発信・実践です。

会話術や心理の本を読書し、学んだ知識をすぐ次の日に活かします。繰り返していくことで成約率を上げる会話術などを身につくことができます。

もちろん、営業経験を積むことは大事ですが、読書などで知識を吸収しながら実践していくことが大事になります。

マナー

先程供述したとおり、マナーが悪い営業マンから買う人はいないでしょう。それぐらいにマナーが重要になってきますので、営業でマナーを身につくことで仕事だけではなく、プライベートでも役に立ちます。結婚する際、両親への挨拶にも活かせます。

トップ営業マンの戦術

トップ営業マンは一流のマナーを身に付けています。これはホテルやレストランなどので受付員やウェイトレスの振る舞いから学んでいる場合が多いです。勘違いしないように言っておきますが、よく見る身近なレストランではなく、高級レストラン、ホテルなどです。

1万円以上と高いのですが、その分、一流のマナーを学ぶのに最良の投資になるでしょう。

その代わりに受付員などの振る舞いをしっかりみて学びましょう!

例えば、月に4回飲み会に行っているとします。それを2回に減らし、2回の飲み会の代金は浮くので、それを高級レストランに使う方法などがあります。

私が経験した高級ホテルで最も印象が残ったのが「最後の挨拶」です。ホテルから車に出るとき、見えなくなるまでお辞儀していました。

気持ちよく、また行きたくなりました。(コロナ落ち着いたら行く予定です)

挨拶

これは先程供述したマナーと同じなんじゃないか!と思いますが、大事なことがあります。

誰でも挨拶できていますか。私が働いている某会社では、トイレ掃除しているおばさんに挨拶しない人は非常に多かった。私は挨拶をしています。

要は身分が下でも、必ず挨拶をやっているのです。会社に限らずどこでも同じです。

これは誰でもできる「当たり前」のことですが、できてない方が非常に多い。

トップ営業マンの戦術

たとえ、自分が上だとしても、誰でも挨拶する習慣がある。また、名前を呼ぶのもGOOD。

例えば、トイレへ行き、掃除しているおばさんと出会ったら、「〇〇さん、いつも綺麗していただきありがとうございます。気持ちよく使わせてもらっています。」という風に挨拶すると気持ちよく掃除もでき、頑張ろうと思ってくれるでしょう。

エレベーター内でも挨拶する。

誰かの言葉かは忘れてしまいましたが、「挨拶しない人はモテない(うろ覚えですが)」とあります。「挨拶しない人はモテない」に100%同意です。

これぐらいに挨拶が重要です。

トップ営業マンの習慣

先程供述した私が実感している身に付けた能力ですが、今からやろうと思えばできることばかりなのではないでしょうか。

さて、トップ営業マンの習慣ですが、たった1つです。

これは

自分のに投資する

ことです。

言い換えると、「営業」の勉強しなさい、ということです。

会話術の本などで知識を自分の頭に仕入れ、実践し、改善する。という繰り返しをしていくことで成長ができます。

この記事の内容を1つにまとめるならば、先ほど供述した「自分の頭に投資する」ことです。

たったそれだけです。

それだけで人生も変えられます。あとは行動するだけです。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

トップ営業マンのたった1つの習慣は自分の頭に投資することでした。

営業の勉強(自分の頭に投資)することで、人間性も高められ、人生の質も間違いなく上がります。

聴覚障害者の私も「三流なら営業を学べ」と言ったフレーズと出会わなかったら、今の私はいなかったでしょう。

この記事を書くこともなかったでしょう。

聴覚障害者も営業スキルを身につくことで人生が変えられます。聴覚障害者の私が証明しています。

相談があれば、お問合せ、または公式LINEにてメッセージ頂けると幸いです。