聴覚障害者

聴覚障害者がアイデア発想方法を学び、仕事などで成功を勝ち取ろう!

このサイトに訪問した聴覚障害者は仕事などでアイデアを発想し、成果を出したい方なのではないでしょうか。

アイデアで会社に貢献した人は大きく評価されます。この記事では、聴覚障害者の私が学び、実践しているマーケティングの知識を活かして、執筆しています。

一流の人はアイデアをお金に換えられる事は知っているので、頭をなんとか捻っています。聴覚障害者の私もマーケティングを参考し、アイデア発想方法も実践しているので、参考していただけると幸いです。

また、マーケティングって何?というの方のためにマーケティングの意味も開設しているので、一緒に勉強していきましょう!ただ、ここではアイデアを重点的に執筆しています。アイデアで耳が聞こえなくてもできるんだ!と会社に証明しましょう!

マーケティングとは

簡単に解説しますと、売れる仕組み作りです。

マーケターという言葉があるのですが、マーケターの知識がある人はマーケターとは言いません。マーケティングができる人をマーケターと言います。

マーケターは消費者理解専門家です。

消費者視点で考えることが大事です。そのために自分も商品を使うことが大事です。ゲームをマーケティングするなら、重要なことは自分もそのゲームをやることです。

なぜやるのか、先ほど供述した通り、消費者理解専門家なので、消費者視点で実際にやってみることが大事です。

自分がゲームをやらず、人に言われたことをそのまま相手に説得するより、自分でやってみて、思ったことなどを説得したほうが強まります。

会社の売り上げが低迷しているときに、会社のコンテンツ(モノ・サービス)を自分も使ってみることが大事になります。

使ってみると、「だから、消費者は使いにくいから売れない可能性」などわかってきます。

マーケティングの基本は消費者視点でいることです。

アイデアを思いつくための方法とは

お待たせしました。マーケターは消費者理解専門家であることを理解していただいたと思います。

マーケティングの知識を活かして、聴覚障害者のあなたがやっている仕事がやりにくい、時間がかかるなどの問題が出てきたらアイデアで改革していきましょう!

もちろん、コストなどもかかり、ボツされる可能性もありますが、「努力している」とアピールできます。

では、アイデアについて、発想方法を1つ1つ見ていきましょう!

自分の頭の中からアイデアを出すのは間違いだった!?

聴覚障害者の私も「人のアイデアを真似るのは悪いこと、犯罪」「自分の頭の中でゼロから作らなければならない」「自分の頭の中で考えたほうが成果が出せる」など考えていました。実は全て間違いでした。

愚者は経験を学び、賢者は歴史を学ぶという言葉があります。

歴史を学ぶ、とは、過去の歴史から学ぶということです。先人の知恵を借りる。ビジネスモデルを学ぶ。過去のアイデア事例を学ぶ。

学ぶとは、まねぶと言われ、漢字は真似ぶと書きます。

例えば、ビジネスモデルを真似して、それを置き換える。あるいは、〇〇と〇〇と組み合わせる、などです。

最近、コロナ禍でも売り上げ2倍に上がったという有名な企業がワークマンです。商品を変えず売り方を変えただけとありますが、話は長くなるので、一言でいうと、アウトドア分野にずらしただけです。

ワークマンは、ゼロからアイデア発想ではなくて、今あるモノをリサーチし、アウトドア分野にずらしたという戦略でした。

ワークマンに限らず、あるものと、あるものと組み合わせたり、今あるものを置き換えるなど。

ゼロからアイデア発想するのは最終手段だと考えて、まずはあるものを調べていきましょう!

アイデア発想するきっかけとは

アイデアはあるものに置き換える、〇〇と○○と組み合わせるとは驚いたのではないでしょうか。

ここでは、アイデア発想事例を紹介させていただきます。但し、いろんな説があるので、これは正しいというわけではないので、ご了承よろしくお願いします。

スーツケースのアイデアのきっかけ

最近知ったのですが、旅行へ行く時、スーツケース。いろんな説がありますが、1つの説を紹介します。カバン×キャスター(車輪)と組み合わせたことでスーツケースというアイデアが湧き出たそうです。

きっかけはビジネスで海外へ行く時、パソコンやトラベル用品などカバンに入れて持って運ぶのがしんどい、きついという声があり、頭を捻って、キャスターを思いついたという説があります。

このように、「どうしたら持ち運びやすいカバンができるんだろう」と考えながら、リサーチしたところ、キャスターを見つけ、カバンとキャスターと組み合わせたことで、スーツケースができたという説があります。

空き缶のアイデア

普段、なんとなく飲んでいる缶の飲み口、今縦向きですね。実は昔、横向きでした。横向きだと飲みにくく、どうしたらいいかと悩んだところ、妻に「縦にしたらいいんじゃない?」という一言で、縦向きの缶ができたのです。

これは横向きを縦向きに置き換えただけです。

アイデア発想方法

アイデア思いつくための方法を理解していただいたと思います。では、最後にアイデア発想方法を解説していきます。

アイデア発想するために、組み合わせ、ずらす、などの色んな考え方があると理解していただけましたが、正直にいうと、世界中にあるものを探さないといけません。

ですが、今はインターネットですぐ探せます。しかし、それでも探さないといけません。地道な作業です。

そこで決められた範囲でアイデアが出せる発想方法があります。先ほど紹介したマーケティングを活かした方法です。

まず、アイデア発想のフレームワークとして以下の通りです。

  • 目的=解決したい課題
  • 戦略=目的達成のために何を集中するか
  • 戦術=アイデア

そのフレームワークをどう活かすかを見ていきましょう!

例えば、彼女と仲直りしたいという目的があるとします。仲直りするためにはどうしたらいいかを考えたところ、「彼女の好きなもので歓心を買う」と思いついたとします。深く考えていくと、「彼女の好きなコンサートチケットをあげる」というアイデアが浮かびます。

では、以上のアイデアを先ほどのフレームワークを使って、どのように思いつくのかを解説します。

彼女と喧嘩した。しかし、仲直りしたい。それが目的です。

どうしたら仲直りできるかと色々考えます。「彼女の好きなもので歓心を買う」「信頼できるA子さんに説得をお願いする」等の方法があります。彼女の性格次第ですが、仮に「彼女の好きなもので歓心を買う」と判断したとします。それが戦略です。どうでしょうか?考える(アイデア)の範囲が絞れたのではないでしょうか?

「彼女の好きなもので歓心を買う」ためには、「彼女が好きなものといえば、ロールケーキ、コンサートのチケット、カバンなど思いつく」わけです。それが戦術です。

分かりやすい図が以下の通りです。

逆に戦略、戦術がなかったら、「好きなもの」などを考えてしまい、余計に時間がかかります。だから、戦術が重要になってきます。

重要なのが戦略

例えば、聴覚障害者の読者のあなたがマッサージ店の経営者だとします。1年目は売上好調だったものの、2年目から低迷になったとします。危機感を持った聴覚障害者の読者のあなたがなぜ下がったのかを調査に入りました。

調査してわかったのが「20代で頑張っている若者をターゲットにしていた。若者はマッサージするより遊びたい。このマッサージ店はシンプルすぎた」だとします。

そこで、目的を考え、定めたのが「遊びに来るマッサージ店を作る」とします。

戦略は「遊ぶきっかけを提供する」とします。

それだけではアイデア思いつくのが難しい。言い換えれば、具体的な内容が重要。

  1. 100万円の投資で実現できること
  2. 利益2倍見込めるコンテンツであること
  3. 待つ時間でも飽きさせない遊べるコンテンツであること

このように具体的に考えることが大事。考えることで考える範囲が絞りました。

言い換えれば、戦略とは最小限の努力できるようにするためにあるものです。戦術がないと、世界一番広い砂漠のサハラ砂漠の中で宝探しするようなものです。どこで探すのかを決めるのが戦略です。

定めたら、次は〇〇×〇〇を組み合わせる、ずらす考え、などをいろんな考えをしていきましょう!

まとめ

アイデアで会社に貢献ができると聴覚障害者の読者のあなたは評価されます。耳が聞こえない分、足や手を使って、アイデア発想していきましょう!

アイデアでは「真似するのは悪い事」「自分の頭の中で考えたほうがいい」という思い込みをされている人が多いのですが、実は間違いで、真似が重要です。

あるものと、あるものと組み合わせる、ワークマンのようにアウトドア分野にずらす、缶の飲み口のように横向きを縦向きに置き換える、といったアイデア発想が重要になってきます。

アイデア発想するためには3つの戦略が重要です。

  • 目的=解決したい課題
  • 戦略=目的達成のために何を集中するか
  • 戦術=アイデア

その中で重要なのが、戦略です。それができてないと、広いサハラ砂漠の中で宝探しするようなものです。具体的に決めて、最小限の努力でしていきましょう。

あなたの悩みごとがあれば、私に相談に乗らさせてください