聴覚障害者

聴覚障害者が成長するために知ってほしい用語集

聴覚障害者は積極的にアウトプットしてほしい。インプットした知識を積極的にアウトプットしないと「知らない」と同じになります。

「インプット」「アウトプット」など、カタカナの意味は後ほど説明をしますが、「知っている」「知らない」の差が大きいです。

聴覚障害者の私も、「インプット」「アウトプット」と出会うまでは全く知らずに、成長止まり気味でした。知ってから飛躍的に成長したと実感しています。

聴覚障害者というのは、耳が聞こえなくて情報不足気味で、知らない用語が多いのも事実です。この記事は聴覚障害者の私が学んで成長できた用語集として作りましたので、きっと聴覚障害者に役に立てると思います!

ただ、意味が難しく書かれていることが多く、聴覚障害者の私なりにわかりやすくしましたので、ご参考していただけると嬉しいです。

成長できる用語集

インプット

覚えること、頭に入ることを指します。

・読書して知識を得る。

・ニュースを見て情報を得る。

・人の話をしっかり聞いて、頭に入れる。

・書いて覚える。

インプットとは、知識を自分の中に取り入れることです。

アウトプット

・発信する。

・人に話す(教える)

・実践する。

アウトプットとは、行動です。

知覚動考

人間が成長する順番として、「知覚動考」という言葉があります。

「知」って、「覚」えて、「動」いてから「考」えるという意味になります。

流れを見ると、「知る➡覚える➡動く➡考える」ですが、インプット(覚える)してからアウトプット(動く)していますよね。

これが、人間が成長する順番です。

守破離

これは、武道や茶道の言葉です。

「守」は師匠を真似る。基本を守る。学んだことを実践する。

「破」は独自の工夫。基本を少しずつ破る。試行錯誤する。

「離」は基礎を変革して離れる。

要は、成功者の行動を真似る段階では「守」

真似たことを身に付け、そのあと、独自の工夫で自分のスタイルを見つけるのが「破」

基本を踏まえたオリジナルにするのが、「離」

東大生の勉強方法を真似るのが「守」

まとめ

「知っている」「知らない」の差は大きいです。

知っていれば、視野がかなり広がります。自分から行動をして、知識を増やすことが大事です。

耳が聞こえない分、足や手を使って、知識を集めていくことが大事です。

集めるだけで終わるのではなく、アウトプットすることが大事。

教えられたことをメモして終わりではなく、実際に行動を起こすことで、成長するスピードが違います。

最短最速成長する方法は、「インプット」したその日に「アウトプット」することです。

この記事を読んで、「なるほど!!」だけで終わるのではなく、「行動」を起こすことが大事。

例えば、SNSでアウトプットする方法、ブログ記事に書いて、自分の言葉にして、アウトプットする方法、人に話す、人に教えるなど、いろんな方法があります。

聴覚障害者の私もこの方法ですると、より成長できたと実感しているので、やってみてほしいです。

今知れた読者のあなたが「行動」しようと思えば、もう成長できています!

あなたの悩みごとがあれば、私に相談に乗らさせてください