聴覚障害者

【必見】聴覚障害者でもどんな悩みでも乗り越えられる「言葉の魔法」

「障害だからできない」「障害を乗り越えられない」という方が非常に多いです。「障害」を理由にすると、要は言い訳すると、成長はなかなか難しい。その中でこのサイトに訪問した聴覚障害者の読者のあなたは「障害を乗り越えたい」という考えをお持ちの方ではないでしょうか。

「乗り越えたい」と思っている時点で、素晴らしいです。ただ、「言葉は現実化する」というのがあり、「乗り越えたい」ではなく、「乗り越える」という考えを持ってほしい。

「乗り越えたい」の「~たい」は欲求・要望であり、何かの出来事があって、気持ちが変わるかもしれないということになります。欲求・要望ではなく断定形として「~する」という考えが大事。これだけで悩みを解決することが可能です。

なぜなら、先ほど供述したように、言葉は現実化するというのがあり、「~する」と断定すれば、必ず達成できます。ただ、「~する」だけではなく、大切なことがあります。それをこれから詳しく解説をします。

具体的なことを言葉にするメリット

先ほど供述したとおり、「~する」とありますが、例えば、「痩せる」だとします。それは諦めてしまいやすい。

まず、自分の悩みを紙に書きましょう。悩みを解決する方法を考えましょう。考えた後は、計画を作るだけです。

そこで具体的にする。例えば、こんな感じになります。

例として

「2020年9月まで10キロ痩せる」

「2021年8月まで30キロ痩せて女性にもてる」

「2021年3月正社員登用される」

こんな風に、数字を落とし込むことが大事です。

では、数字を取って、少し表現方法を変えてみます。

「痩せて女性にもてる」

「正社員登用される」

見比べて、どうでしょう?

先ほどの目標は具体的で、今見ていただいた目標は具体的ではありません。

あなたが学生の時、「明日まで宿題やってきて」あるいは「来週の月曜日までやってきて」と言われたら、「明日まで」だと必死にやるでしょう。「来週の月曜日まで」だと1日5ページとか決めて、やり遂げたのではないでしょうか。

要は、具体的があるから、達成しようと頑張れるということです。また、具体的に決めることで達成基準を設けることも可能です。

そうです、言葉の力で、悩みを乗り越えることが可能です。これが「言葉の魔法」です。

具体的な計画の例

2020年9月まで10キロ痩せる

今(2020年7月)から9月まで2か月で、1か月5キロ痩せないと達成できない計算になります。

1か月5キロだと、日が長いし、しんどいと思いませんか。そこで換算してしまうのです。

1か月=5キロだとします。1か月は30日間なので、1日約0,2キロずつ痩せると、1か月で5キロ超えることができます。

0.2キロをグラム換算すると、200グラムになります。1日200グラムって聞くと、できそうと思いませんか。

どうすれば、1日200グラム痩せられるかを調べましたが、1日摂取カロリーを500カロリー減らす。その上、30分運動を継続すると200グラム痩せることができるらしいです。

このように、目標を分解していけば、やるべきことが見えてきます。

2021年3月正社員登用される

今(2020年7月)から8か月後になるのですが、その8カ月間何をすればいいかが問題になります。そこで、正社員登用の基準を調べる必要があります。

私なりに登用基準を設けましたが、「教育ができる」「改善案を月に1回提出できてる」「正社員と同様の行動ができる」だとします。

その場合、7月の前半は、正社員の行動を見て学び、メモを残します。後半はメモしたことを同様に、正社員と同じ行動をするのです。もちろん、改善案を提出をします。

ただ、8か月後に登用されることを目標にしてるので、できれば、月に5件の改善案が望ましい。1件出すだけでも、大変です。5件を8カ月継続して出されると、熱心努力家だと評価される可能性があります。

このように、具体的な計画を立てていくことでやるべきことが見えてきます。

確かに面倒くさいのですが、面倒くさいことをあえてやることで、自分を高められる。

具体的のない計画は無意味!?

この見出しのとおり、具体的のない計画は無意味です。なぜなら、先ほど供述したとおり、「痩せて女性にモテる」「正社員登用される」だけでは、いつまでやったらいいのか、いつ達成するのかわからないので、無意味です。むしろ、継続自体が目標になり、いつまで継続したらいいのかわからず、辞める原因にもなります。

なので、数字落とし込み、具体的な計画を作り、更に分解していくことでやるべきことが見えてきます。

「計画」を見える化にすることで、どこまでやったのか、達成できたのかがわかるので、モチベーションになります。

まとめ

「障害だからできない」「耳が聞こえないからできない」という思考を捨てた瞬間、聴覚障害者の読者のあなたは変われます。捨てたことに自信を持ってください。

一つだけ覚えてほしい言葉があります。「できないのは思い込み」です。

先ほど供述したとおり、具体的な計画を作れば、「耳が聞こえなくても達成できる。そのための計画です。

もちろん、計画の内容もありますが、大事なのは、数字を落とし込むことです。

さぁ、この機に具体的な計画を立てて、目標の達成に勝ち取りましょう!

もう一度言います、達成したければ「障害を理由」にするのはやめましょう!!

言葉の魔法をどんどん使いましょう!

あなたの悩みごとがあれば、私に相談に乗らさせてください