聴覚障害者

【必見】一人暮らし、引越しで不安を抱えている聴覚障害者への解決方法

このサイトに訪問した聴覚障害者は今後、一人暮らしを検討している、あるいは一人暮らししている方で悩みをお持ちの方ではないでしょうか。

一人暮らしというのは、親から離れて暮らすことであり、何事でも自分がやらないといけない。これは聴覚障害者に限らず、健聴者と同じことが言える。

ただ、一つだけ違うのが、聞こえです。その中で聴覚障害者のほとんどが不安を抱えているのが、「インターホン」「生活音」「寝起き」ではないでしょうか。

聴覚障害者の私も一人暮らしを始めるとき、これらの不安を抱えていました。むしろ、一人暮らしはせず、結婚するまで、ずっと実家暮らしにしようと考えてたぐらいです。

しかし、これらのことは全て解決できます。

インターホンの悩みの解決方法

まず、モニター付きインターホンがついている物件が望ましい。なぜなら、モニター付きだと、ピンポンと鳴る同時、モニター画面に顔が映るので、安心です。

要はモニター画面で誰が来てるのかを確認できるので、安心です。

一方、予算上の都合でモニター付きインターホン物件が選べれない場合、モニター付きドアカメラを購入する方法があります。

モニター付きインタホーンを取り付ける際、「配線が面倒」「感電が怖い」、また、大家さんに許可が下りなかったらどうしよう」と考えてしまうかもしれませんが、モニター付きドアカメラの場合、配線不要でドアに取り付けるだけです。

やることは、モニター付きカメラをドアに取り付けて、ネジで固定するだけで機能します。配線手間がいらないし、大家さんの許可が下りたとしても、配線依頼する必要がなくなります。自分一人で設置完了できます。

 モニター付きドアカメラ詳しく知りたい方はこちら

生活音の悩みの解決方法

誰でも少なくとも生活音は生じます。生活音とは、ドアの開閉音、足音などですが、特に深夜では思うより音が響くらしいです。二階以上のどこかに入居する予定、また、住んでいる方では、深夜に帰る際、階段に上る音が思ったより響くらしいです。このことで1回だけ注意されました。

入居したら、隣の部屋の方に挨拶を済ませましょう。その時は「耳が聞こえない」ことを必ず伝えましょう。中に引越ししても挨拶しない人がたくさんおられますが、聴覚障害者は必ず挨拶を済ませると、トラブルの元にならず、済ませます。

但し、挨拶して理解を得たからといって、大きな音出していいのは、大間違いです。聴覚障害者の読者のあなたが大きな音を出さないと常に意識して生活しましょう。

防音の一つとして、必ずカーペットを敷きましょう。敷いたとしても、最低限の注意をしましょう。

引っ越しの挨拶は面倒くさいという方が非常に多いですが、聴覚障害者は挨拶を済ませたほうがドラブルにならず、安心します。

寝起きの悩みの解決方法

一人暮らしをする予定、している聴覚障害者の方の3つの不安要素の「インターホン」「生活音」「寝起き」の中で一番不安なのが、「寝起き」ではないでしょうか。

聴覚障害者の私も、寝起きが一番不安でした。寝坊したら、会社に遅刻し、自分への評価が関わったり、最悪、解雇されたりします。休日では友達と遊ぶ予定、またはセミナーなど、遅刻したら友達や一緒にセミナーを受ける人に迷惑をかけます。

特にデートで遅刻すると、次のデートにつなげれるのか、不安になりやすいので、平日はもちろん、予定のある休日では注意しましょう。振動目覚まし時計でセットした時間になると、起こされます。

振動目覚まし時計と普通の目覚まし時計の違いは、以下の画像を見てわかるように、白い物体があります。目覚まし時計には音だけで起こされるのですが、振動目覚まし時計は白い物体が激しく振動し、聴覚障害者の読者のあなたを起こしてくれます。

振動目覚まし時計

時間調整し、セットするのが容易です。振動も強力で聴覚障害者の読者のあなたを起こしてくれます。もちろん、音を消すことも可能です。騒音の心配はありません。

振動目覚まし腕時計

振動目覚まし時計だけではなく、振動する腕時計もあります。目覚まし時計と同じく、セットした時間になると、振動で起こされます。

将来、結婚した時、役に立てるものでもあります。なぜなのかいうと、先ほど紹介した振動目覚まし時計だと、隣の人まで起こしてしまう場合ありますが、腕時計だと、聴覚障害者の読者のあなた一人だけ起こしてくれます。隣に寝てる人に迷惑をかけることがありません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

強力振動目覚まし時計 NEW Wake V(ウェイク ブイ)  ブラック・WV-0605
価格:10311円(税込、送料別) (2020/7/12時点)

楽天で購入

 

まとめ

聴覚障害者の一人暮らしの不安要素である「インターホン」「寝起き」は先ほど紹介したアイテムで解決可能です。

その中の「生活音」はまず、隣の人に挨拶を済ませ、理解を得ましょう。ただ、聴覚障害者の読者のあなたも、生活音を出さないように注意する必要があります。

不安というのは、行動でしか解決しません。要は、これらを買うという「行動」を起こすことで不安を解消されます。

引越ししたら、挨拶は面倒くさいとは言わずに、挨拶しておきましょう!挨拶とは、自己紹介であり、理解を得るためでもあります。その為、万が一のことが起きて、トラブルの元にならず、済みます。

あなたの悩みごとがあれば、私に相談に乗らさせてください