聴覚障害者

聴覚障害者が効率の良いカフェインの摂り方で成果を出す働き方

コーヒーといえば、カフェインは覚醒作用があると知られていると思うのですが、実際は凄い効果があります!

後ほど紹介しますが、カフェインは聴覚障害者にとっては、いい効果だと思うので、お勧めにしています。ですが、コーヒーが苦手な方は無理しないようにね(@^^@)

なぜ聴覚障害者にコーヒーを勧めているのか言うと、覚醒作用があり、目を使って物事を理解しようと、集中し、目が疲れていき、集中が途切れてしまうことが多いので、コーヒーをお勧めしています(@^^@)

では、聴覚障害者の私が、なぜコーヒーを勧めているのか記事にしていますので、一緒にみていきましょう^^

コーヒーの効用

ほとんどの人はカフェインが入っているので、朝コーヒーという方が多いということはご存知だと思いますが、他にも素晴らしい効果があります!!

まず、カフェインは覚醒作用があると知られているのですが、仕組みを書かせてください^^

カフェインとは

コーヒーの最も特徴的な成分で、お茶やココア、コーラなどの食品にも多く含まれています。
カフェインの効能としては、眠気覚ましなどの興奮作用や尿の排出を促す利尿作用などが広く知られていますが、このほかにも「自律神経の働きを高める」 「集中力を高め作業能力を向上させる」 「運動能力を向上させる」など、様々な効果が明らかになっています。

http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/library/caffeineより引用

 

書いてあるとおり、集中力を高めるだけではなく、運動能力を向上させるなどの効果があります。

集中力だけでなく、運動能力を向上させるなど、素晴らしい効果があるなら、見逃せないですよねw

ただ、一つだけ注意してほしいことがあります。コーヒーの飲みすぎはよくないです。

飲むと目覚めるのですが、眠いたびに飲むと体に悪いし、カフェイン中毒になります。

カフェイン中毒になると、どうなるか・・・。

以下の動画がわかりやすいので、見てみてください!

見れば、カフェイン中毒の怖さを知ることができるし、抑制にもつながると思っています。

YouTubeより引用

最後まで見ていただけましたか?

カフェイン中毒の怖さを知れたと思います。それに取り戻すのが大変ですよ><

聴覚障害者の私は、週末にしかコーヒーを飲みません。人それぞれですが、健康第一なので、私は週末にしか飲まないことにしていますw

聴覚障害者にカフェインをお勧めする理由

聴覚障害者は主に視覚を使って物事を理解します。私の友達の健聴者に聞いた話ですが、視覚と耳を使うけど、ほとんど耳で学ぶことが多いそうです。メモを取っている間にも聞こえるそうです。

ですが、聴覚障害者の場合、メモをとると、話が途切れてしまったり追いつかなかったりするので、その分、集中力の倍が必要だと思っています。

聴覚障害者の私も、メモを取っている間に話が追い付かなくなることが多いので、スクリーンなどをみながら、書いていますw長い文章ではなく、単語で書いていますww

「ユーケン ろう者 27歳」という感じに書いていますw

話が逸れましたが、ずっとスクリーンを見る集中力が必要です。なので、カフェインをお勧めにしています。

大事な講義、研修があるときはカフェインを取っておくことをお勧めにしています!

まとめ

カフェインといっても、実は素晴らしい効果があったと理解していただけたと思います。

私もびっくりしましたねw

ですが、カフェイン取りすぎには気を付けてください。取りすぎると大変なことになります><

また、コーヒーが苦手な方は無理にする必要はないですよ(^^)

1日に1杯がいいと言われていますが、そこにとどめておきましょう(@^^@)

さぁ、カフェイン摂取して、倍の集中力を発揮して、成果を上げましょう!

あなたの悩みごとがあれば、私に相談に乗らさせてください