聴覚障害者

【健聴者必見】聴覚障害者の特性、対応方法を知って、仲良くなろう!

このサイトに訪問した健聴者の方は、小学校などで「聴覚障害者児と接することになったけど、どう対応したらいいかがわからない」「聴覚障害者の友人ができたけど、特性などを詳しく知りたい」「部下などに聴覚障害者が入ってきたけど、どう対応したらいいか、不安」などの考えをお持ちの方なのではないでしょうか。

人間は誰でも初めての出来事がやってくると戸惑います。聴覚障害者の私も、初めて健聴者の友人ができたときは戸惑いました。よくあるのがコミュニケーションのズレです。今では、ズレが減りました。なぜなら、健聴者との付き合いを積極的に参加してたからです。

要は、積極的に関わっていくことで特性などを学べます。ですが、ここでは、ある程度身につけてほしいので、聴覚障害者の私が、聴覚障害者の特性、対応方法を解説します。

勉強になっていただけると非常に幸いです。

聴覚障害者に対するよくある勘違い

よくある勘違いが、「口話=聞こえる」です。

どういう意味かいうと、聴覚障害者でもペラペラと口話ができる人がいます。しかし、口話できる聴覚障害者の全ての人が「聞こえる」わけではありません。

そこが、聴覚障害者に対してよくある勘違いです。

確かに、健聴者は口話ができるので、聞こえるので、そういう思い込みがあると、聴覚障害者の私も、理解しています。

聴覚障害者の場合、聴覚に障害があるので、障害の程度は様々です。

聴覚障害者の私は、重度の聴覚障害なので、人口内耳(補聴器)を外している限り、全く聞こえません。「じゃあ、付けたら聞こえるやん?」と思うかもしれません。

ハッキリ言います。聞こえます。

ですが、音として、だけです。言葉を聞き取るのは難しい。要は、「音がある」と認識はできますが、「言葉」の認識は難しいです。

どうでしょうか?少しイメージできましたでしょうか?

同じことを繰り返しますが、障害の程度は様々です。私みたいに、人口内耳をつけたとしても、言葉は聞き取れないが、音は聞こえる人、言葉も音も聞き取れる人、様々です。

言葉も音も聞き取れるが、口話は難しい人。言葉も音も聞き取れるし、口話ができる人もいます。

まとめていうと、口話できる聴覚障害者全員が聞こえるわけではないこと。

あまり口話ができない聴覚障害者に対しての対応

基本的に筆談をお願いします。また、スマホのメモを使って、文字でのやり取りする方法もあります。

ただ、作業中にスマホ使用禁止のところが多いと思います。そんな時は、以下の電子ボードがおすすめです。

写真、右の電子ボード

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングジム KING JIM BB-1GX 電子メモパッド boogie board(ブギーボード) クロ[BB1GXクロ]
価格:3135円(税込、送料別) (2021/1/4時点)

楽天で購入

 

この電子ボードは「書いて、消せます」

普段は紙で書いて、いっぱいになったら、捨てる、あるいは保管してた方が多いと思いますが、紙を一切使用する必要がありません。ペーパーレス化ができます。

この電子ボードは普段、カバンに入れています。また、仕事用にも会社のロッカーに保管しています。

使用例→病院、市役所、携帯ショップなど。

仕事でいうなら、先ほど供述しましたが、ペーパーレス化になるので、経費削減の貢献ができます。紙で書いた場合、処分するムダが生じます。

写真、左の電子ボード

この電子ボードは上記で紹介した電子ボードの小型版です。

サイズでいうなら、ふせんです。ワイシャツ、作業着などの胸ポケットをしまっておくことで、いざとなったとき、すぐ取り出せます。話が終わったら、サッと胸ポケットにしまっておくことができます。

ただ、上記で紹介した電子ボードより小型なので、文字数を気付かないといけないのですが、その分、要約力が鍛えられるメリットがあります。

特に仕事を早く進めるために「文を短く。わかりやすく。」が大事です。なので、その分、サッと出せて、文を短く、わかりやすく伝える練習にもなります。

聴覚障害者の私の使用用途は仕事です。基本的に報告する際に使います。

手話の勉強方法とは?

先ほど筆談のお話をしました。

できれば、手話を覚えたほうが、よりスムーズに会話ができます。また、覚えることで、手話を広めるのを貢献できたことになります。なので、聴覚障害者の私も非常に嬉しいです。

手話を学びたい方は以下の本がお勧めです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

すぐに使える手話パーフェクト辞典 [ 米内山明宏 ]
価格:2420円(税込、送料無料) (2021/1/4時点)

楽天で購入

 

本の内容の画像が以下の画像です。

少し見えづらいかもしれませんが、「意味」の手話を表しています。

横から見た、前から手話表現があります。また、「意味の手話」+「わからないの手話」を合体させると、「意味が分からないの手話」になります。さらに、似た手話表現も解説されていますので、頭に入りやすくなります。

また、YouTubeで、聴覚障害者の私が手話教育動画をしています。よかったら見てみてください。

リンクはこちら

手話を最短最速で上達できる方法とは

それは、

聴覚障害者、手話できる人と毎日会話

することです。

ただ、結婚している、お子様に聴覚障害者がいてる、など以外では、毎日会話するのが難しいです。

サークル、手話教室もやっていますが、決められた曜日、時間がありますので、基本的に週に1回しか勉強ができません。

そこで、zoomやLINEビデオを使って、手話で会話することができます。

特にzoomの場合、ビデオ通話しながら、チャットできる機能もついているので、わからないときなどで文字で質問も可能になっています。

また、職場などで聴覚障害者と毎日会える場合、休憩時間などを使って、手話を学ぶことができます。

私が就職体験した先で、手話で〇〇してた!

私が高校2年の時、お世話になった某会社のお話です。

200人中、6人ほどの聴覚障害者が働く会社でしたが、なんと!健聴者のほとんどが手話できるのではないか!?聴覚障害者を除く6人以外、150人ほどの健聴者は手話ができていました。

非常に驚きました。

当初のイメージでは、6人の聴覚障害者が働いてると、先生からの情報によって知ったのですが、健聴者は手話ではなく、口話してるというイメージがありました。もちろん、高校2年まで会社で就職体験したことがなかったので、会社のことは知らなったので、全員口話しているイメージが、当時の僕には強かった。

本当に楽しい職場でした。なぜ、200人もいる会社がほとんどの人が手話できるの?と聞くと、こんな回答がかえってきました。

会社内の手話サークル、僕たちで立ち上げたから

 

もう9年前の話で、今コロナで、今もやっているかどうかわかりませんが、毎週水曜日、昼休憩、手話サークルやっていました。当時の参加者は30人ほどでした。

先輩の話によると、6人で手話サークルを立ち上げ、最初は参加者5人ほどだそうです。手話の楽しさを発信続けた結果、平均で50人ほど参加しているそうです。

その6人を非常に尊敬しています。だから、聴覚障害者の私も、手話でやりとりしながら、休憩でも手話でお話もでき、非常に楽しく仕事ができました。

このように、手話があると、楽しく仕事ができます。聴覚障害者の笑顔にもなれます。

読者のあなたが、もし健聴者で「聴覚障害者の部下のためになんとかしてあげたい」と思っているのであれば、ぜひこの記事を見せて、聴覚障害者の部下に提案してみてください。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「口話できる=聞こえる」と限らない、とは意外だと感じた健聴者の方は多かったのではないでしょうか?

ただ、全ての聴覚障害者はそうだと限りません。私の場合、人口内耳をつけたら、音として聞こえますが、言葉はわかりません。聴覚障害の程度は人それぞれ違います。

手話に興味を持っていただけましたら、私も非常に嬉しいです。

ぜひ、一緒に手話を広めるのを貢献していきましょう!

もちろん、聴覚障害者自身が活動して、貢献する人が多くおられますが、消極的な人もおられます。

なので、この記事をきっかけに聴覚障害者への行動を促す、あるいは一緒に行動していきましょう!

あなたの悩みごとがあれば、私に相談に乗らさせてください